HOME サイトマップ プライバシー・ポリシー 資料請求・お問い合せ

   

『荒療治』

2017 02,27

GDPは世界3位なのに一人当たりの「生産性」は39位。
日本のレベルは先進国で最低レベルに下がってしまった。
アベノミクスは4年近く発動しても効き目がない。
戦後日本の高度成長は総人口が急増したことが大きな要因。
今や、少子高齢化がドンドン進行し人口の大幅減が確実な日本。
もう「好景気」なんて死語になるのか?

営業研修時にこんな質問が出た。
「昔は住宅ローンが7~9%の高金利だったのに
着工戸数が190万戸。金利が1%前後の現在は
90万戸。なぜですか?」
「景気の差だよ。1960年に当時の池田勇人首相が
『所得倍増計画』を打ち出し、これが大ヒット。
10年間で所得の倍増を約束したのだから
少々金利が高くても借金して家を建てるよね」
それが現実化し好景気で賑わった。

今、所得倍増論を打ち出したらどうだろうか?
消費低迷を打破するには
これぐらいの荒療治が必要かもしれない。

araryouji1feb2017.jpg
出典:ironna.なぜ「高度成長」の考察が重要なのか

araryouji2feb2017.jpg



Posted in 丸山景右 |