HOME サイトマップ プライバシー・ポリシー 資料請求・お問い合せ

   

『大相撲が面白い』

2018 01,17

何かと物議を醸す日本の国技、大相撲。
昔から相撲ファンだったが、2011年に一気に熱がさめた。
それは週刊ポストがスクープした八百長問題。
本場所で力士同士が白星を金で売買することが
大相撲野球賭博の捜査で発覚した。力士たちの
携帯電話のメールから足がついた。
メディアが騒ぎ立て3人の力士が八百長を認め
春場所が中止され失望したものだ。その後も
2007年に起きた時津風部屋の力士暴行死事件。
そして昨年11月の横綱、日馬富士の暴行事件。
八百長疑惑も払拭できず、相撲協会の体質は
変わらないまま。しかし「ガチンコ」相撲が注目され
横綱の「品格」が問われる中、今、大相撲が面白い。
3日目は白鵬があっさり完敗し、稀勢の里も2敗目。
それでも今場所は中入り後、終盤の取り組みにワクワクする。
「ガチンコ」相撲が面白い。
がむしゃらに再起をかける稀勢の里にエールを送りたい。

ozumojan2018.jpg
中国新聞 2018・1・16 朝刊より



Posted in 丸山景右 |