HOME サイトマップ プライバシー・ポリシー 資料請求・お問い合せ

   

『福島、悲願の初V』

2019 01,21 admin Posted in 丸山景右

恒例のひろしま駅伝は下馬評どおり
福島が東北勢で初の優勝を飾った。

己の限界超えでも必死で粘る。
実力ランナーが軽快にごぼう抜きをする。
駅伝にはドラマがあり涙を誘うことが多い。
「仲間のために一秒でも早く」タスキをつなぐ。
その姿にいつも感動させられる。

今年もテレビ中継に目をやり、そして沿道で声援を送る。
観客数は約28万5千人。昨年を1万人上回ったそうだ。

選手時代のキャリアを買われた福島県チームの
安西秀幸監督。17年から指揮を執り
28位、9位、そして今年は初優勝。
「選手時代の優勝よりうれしい」というコメントに
「駅伝王国」の執念を感じた。
来年はどんなドラマが…。楽しみである。

 ekiden11jan2019.jpg

ekiden2jan2019.jpg

ekiden3jan2019.jpg



『長寿』

2019 01,17 admin Posted in 丸山景右

2017年のわが国の男性の平均寿命は81.09歳。
50歳の人の平均余命は32.61歳らしい。
平均余命の計算は?調べてみた。
たとえば50歳で生存している男性が10万人いるとする。
この人数に、いまわかっている各年齢の死亡率を
掛け合わせると51歳までに254人、52歳までに
277人といった具合に亡くなっていきます。そして
生存数がゼロになるまでシミュレーションを
続けていくと余命年齢が計算できると解説されていました。
そうなると平均寿命の計算は、その年齢で
生存している人だけを対象とするので
既に亡くなっている人は計算に含まれません。
よって「年齢+平均余命」は平均寿命よりも長くなります。

医療技術が発達し治らないはずの病を
癒せる現代。寿命が延び続けるのは
確実であるが「心の病」が治癒できれば
万々歳である。

choju1jan2019.jpg

choju22jan2019.jpg

choju3jan2019.jpg

choju4jan2019.jpg

choju5jan2019.jpg



『近未来への布石』

2018 12,28 admin Posted in 丸山景右

とても短かった稀に見る充実した年だった。
自分の生き様を変えるぐらい衝撃だった
先輩との出会いもあった。

ストックビジネスは独自のノウハウで実践し
普及に確信を得た。
「ロボット」「AI」「インターネット」が進化すればするほど
コンサルティングの仕事に磨きがかかる。
来年は創業31年目。年号も変わる。
「楽しさこそ力の源泉なり」
リックの新創業元年を
更なる充実した年にしたい。

 mirai1dec2018.jpg

mirai2dec2018.jpg

mirai33dec2018.jpg

 



『ここでも非核運動が』

2018 12,14 admin Posted in 丸山景右

甲府駅に着くと構内で
「原爆の絵」展に人だかりができていた。
被爆者の証言を聞き、高校生が描いた
絵が63枚展示されていた。案の定
絵は広島では有名な
広島市立基町高校の生徒の作品であった。
「新天地の惨状」
「焼却を待つ死体」
「御幸橋」
「原爆投下後、初めて行った学校で」
「ああ!幽霊だ」など
実にリアルに描かれている。

広島・長崎に原子爆弾が投下されてから
73年目の年の瀬を迎えている折
署名とお見舞い募金に協力した。

kokodemo1dec2018.jpg

kokodemo2dec2018.jpg

kokodemo3dec2018.jpg



『ガンバレ、天才』

2018 12,13 admin Posted in 丸山景右

今夜は不動産会社の合宿研修と全国表彰式。
その会場でゲストの前世界チャンピオン
比嘉大吾と対面。彼は今年4月に
16試合連続KO勝ちを目前に初の敗戦を喫した
200年に一人と絶賛される天才ボクサーである。
敗戦後、引退の危機を囁かれていたが今は元気そうだ。
『減量は大丈夫かな?』
再びチャンピオンの座に返り咲くことを祈りたい。

ganbare1dec2018.jpg

 



『山賊』

2018 11,05 admin Posted in 丸山景右

福島県の「雨楽な家」の会員である江尻建築の
江尻社長や大工さんたちと
山口県の名所、山賊を訪れた。
日本だけでなく世界にも著名な地元の日本酒
獺祭(だっさい)で乾杯し炭火でこんがりと
焼き上げた山賊焼き、そしてむすび、うどんや
皇牛(すめらぎ牛)を使った肉料理などを
堪能した。季節外れの五月の鯉のぼりが
お客さまに大好評とのことで
残されていたのが印象的だった。
復興、福島も間近。
自然素材の家づくりを通じて
地元に貢献する「江尻建築」。
ガンバレ。

sanzoku1nov2018.jpg

sanzoku2nov2018.jpg

sanzoku3nov2018.jpg

sanzoku4nov2018.jpg

sanzoku5nov2018.jpg

sanzoku6nov2018.jpg



『早寝・早起き』

2018 10,31 admin Posted in 丸山景右

今月は全国各地を巡回した。
大阪・名古屋・津・豊田・四日市・東京・三重・
奈良・松山・山口・熊本・福岡・下関。
人から「超スケジュールですね、大丈夫?」と心配されるが
全然平気。どこでもすぐ眠ることができるから体調に問題なし。
出張中は夜9時には布団に潜り込む。

新しい戦略を考え、支援者に会って情報をいただき
自分でノウハウを組み立てる。時の流れは急でも
確信の持てる作戦が立案できると楽しくなる。
ワクワクする。そして伝えたくなる。
「考え方も、体も顔も(?)若いですね」お世辞でもうれしい。

住宅業界に携わって48年。住宅不況は既に浸透し
2010年問題は深刻。僕の財産は人脈。
来年に向けて新事業のまとめに入りたい。
ブレーンも増強したい。斬新なシステムを世に残したい。
慢心に留意しコツコツ精進したい。

hayane1oct2018.jpg

hayane2oct2018.jpg

hayane3oct2018.jpg

hayane4oct2018.jpg

hayane5oct2018.jpg

hayane6oct2018.jpg

hayane7oct2018.jpg

hayane8oct2018.jpg



『ドラ1の恩師は野球仲間』

2018 10,29 admin Posted in 丸山景右

今年のドラフト会議は甲子園球児が主役だった。
大学生では東洋大学のMAX150キロトリオ
(上茶谷と甲斐野が1位、梅津が2位)がプロの門を叩く。
その3人を育てたのが玉井信博投手コーチ。
彼は巨人がV10を逃した年には6勝を上げている。
実は玉井さんと僕は中学時代、バッテリーを組んでいた。
彼はコツコツと練習するタイプで、松山商に進学し
甲子園出場を果たし、東洋大学から
巨人、西武へとプロの道を歩んだ。
僕は松山南で投手に転向し県大会、ベスト8。
大学では野球から足を洗った。

今年、強力打線を武器に10年ぶりにパ・リーグを制した西武は
防御率はリーグ最下位。日本シリーズへの進出を逃した。
そこで玉井さんが注目されているらしい。
東洋大学の遅咲きの大器3人をドラフトの目玉に
急成長させたのがその要因らしい。
「すごく熱心に手とり足とり指導している」との
評を聞き、なるほどと納得した。
そして彼に勇気をもらった。

 draft11oct2018.jpg
出典: 日刊ゲンダイ

draft2oct2018.jpg
中学時代の丸山(左)



『工務店支援ネットワーク』

2018 09,20 admin Posted in 丸山景右

工務店支援のビジネスモデルの第1弾は
「雨楽な家」を開発し2001年にスタートした。
おかげさまで全国で2000棟竣工達成した。

net1sep2018.jpg

net33sep2018.jpg

net2sep2018.jpg

 第2弾は「ガイダス」。
ガイダスとはGUIDEの装飾語で
新たにストックビジネスを展開する
工務店会の呼称である。
ストックビジネスとは既存住宅をリノベーションしたり
リフォームして賃貸したり、将又、買取再販するビジネスをいう。

net4sep2018.jpg

net55sep2018.jpg

このネットワークは今年の3月から企画し
いよいよ11月から本格化する。
既に買取再販を新潟県、愛知県で試み
上々のスタートを切ることができた。
今後の展開が楽しみである。

net6sep2018.jpg



『感動の記事』

2018 08,27 admin Posted in 丸山景右

100回目の夏。高校球児たちが演じた
筋書きのないドラマ、そして
鮮烈な戦いぶりは一層強く心に残った。
そんな中で、朝日新聞の記事を公開したい。

asahinews20180821.jpg

asahinews15020180821.jpg

朝日新聞 2018・8・21