HOME サイトマップ プライバシー・ポリシー 資料請求・お問い合せ

   

『老と童心』

2017 05,08 admin Posted in 丸山景右

マーリンズのイチローが限界の壁と闘っている。
今シーズンは打率148で本塁打は1本、盗塁は0。
50歳現役宣言したが…。
もう無理はしてほしくない。名誉のためにも。

僕は「老」の現象を自覚することはない。(一人勝手かも)
定年退職で引きこもってしまう同年代が多いが
自分の可能性を制限することは考えない。

働いているという意識がないのかもしれない。
夢を追うとか何かを叶えたいという自負もない。
それでもずっと現役でいたい。
今は、自分以外のスタッフがずっとやり切れる
新規事業を模索中。
「これをやればウマくいく」なんて甘いけど
何事にもチャレンジ。本当は
だれもが心からばか正直に好きなことに
没頭できたら…と考えつつ…。

それでも毎年この時期は「童心に帰れる」からいい。
端午の節句も終わり。
そろそろミニの五月人形を片付けよう。

 oitodoushin1may2017.jpg

oitodoushin2may2017.jpg

oitodoushin3may2017.jpg

oitodoushin4may2017.jpg



『KITTE』

2017 05,02 admin Posted in 丸山景右

東京駅・丸の内にある東京中央郵便局と商業施設
「KITTE」。ロゴデザインが今風。配色もいい。
新幹線に乗る前のひととき、立ち寄った。
地下1階地上6階、天井までの吹き抜けは
壮大だ。ロゴ「KITTE」もシャレている。
ここでは買物も飲食もできるが
駆け足で郵便局内を巡る。
記念切手やポストカード、グッズも豊富。
次回の出張ではゆっくり時間をかけて見てみたい。
手書きの手紙に、オリジナル封筒、それに記念切手…。
大事な手紙にはいいと思う。

kitte00may2017.jpg

kitte1may2017.jpg

kitte2may2017.jpg

kitte3may2017.jpg

kitte4may2017.jpg



『八重桜 in 広島』

2017 04,17 admin Posted in 丸山景右

27回目を迎えた「花のまわりみち」へ。今週も桜見学だ。
会場は広島市佐伯区五日市の造幣局。
「花のまわりみち」は大阪造幣局から昭和42年に
順次移植された桜が61品種219本も構内に咲き
一般公開されている。好天に恵まれ黒山の人だかりができていた。
毎年、広島の春の風物詩として人気を博している。
糸括(イトククリ)の桜は淡紅色で江戸時代から知られている桜。
雨情枝垂(ウジョウシダレ)は詩人の野口雨情の
邸内にあったことからこの名がついたらしい。
今日は雨。もう見納めだ。

yaezakura2apr2017.jpg

yaezakura3apr2017.jpg
雨情枝垂

yaezakura5apr2017.jpg
糸括



『マンガで楽しく学ぶ』

2017 04,11 admin Posted in 丸山景右

孫たちが読んでいるマンガ本。それは
「学校では教えてくれない大切なこと」というキャッチフレーズで
シリーズ化され2年で既に50万部を突破しているベストセラーだ。
本の内容は「整理整頓」「お金のこと」「時間の使い方」
「ルールとマナー」「カッコよくなりたい」など、多彩。
世の中のさまざまな仕組みがマンガで楽しく
わかりやすく描かれている。

「整理整頓」というタイトルの本を手にした。そこには
「小学生のための世の中を行きぬく力を身につける本」と
題している。まず、このサブタイトルに驚かされた。

本中の「はじめに」を披露しよう。
「本書のテーマは『整理整頓』です。
片づけができなくても困らないと思うかもしれませんね。でも
整理整頓を習慣化すると、ただ部屋がきれいになるだけでなく
重要な能力を自然に身につけることができるのです。
『ものごとを順序立てて考える力』『計画的に行う力』
『重要なものと無駄なもの判断する力』などなど。
その力は皆さんに『時間』という宝物を
誰よりも多く与えてくれるのです」とある。
これが今時の子どもが読む本なのか?
時代の進化は凄いと痛感した。

一冊読むのに15分。マンガでわかりやすい。
子どもにも伝わりやすい。そして確実に記憶に残る。
片づけに必要な三つの力とは
「決める力」「まとめる力」「続ける力」と最初に結論を述べている。
リフォーム会社の研修テーマに「かしこい収納術を身につけよう」という
テーマがある。早速この「子どもの本」を参考にレクチャーすることにした。
「営業研修は紙芝居で楽しく面白く」。僕の研修スタイルも
一昔前とは大きく変わってきた。これでいいのだ。

manga1apr2017.jpg

manga2apr2017.jpg

manga3apr2017.jpg

manga4apr2017.jpg



『桜咲く』

2017 04,10 admin Posted in 丸山景右

自宅から徒歩8分の西部埋立第五公園。
芝生広場やテニスコートそれに運動広場があり
春は桜、秋には紅葉など
四季折々の季節感が味わえる。

昨日は公園の石畳を通りぬけて爛漫と咲く桜の木の下で花見。
桜は枝を広げ豊かに色鮮やかに咲く姿はいつ見ても美しいものだ。
帰宅してカープ戦を観戦。リビングのテレビ横にはコゴメザクラ。
毎年この時期が来ると心が和み元気になれる。

sakura1apr2017.jpg

sakura2apr2017.jpg

sakura3apr2017.jpg

sakura4apr2017.jpg



『球春到来、“ワクワク感”がいい』

2017 03,23 admin Posted in 丸山景右

WBCは、アメリカに惜敗。日米のパワーの差は否めない。しかし
広陵高校時代から知る「捕手 小林」の成長ぶりには驚かされる。

第89回選抜高校野球大会が幕を開けた。
今年の甲子園は打高投低と言われ東の清宮(早実)と
西の安田(履正社)などプロの注目選手が目白押し。
広島は創部10年で初出場の市立呉高校が延長戦を制し
初回突破した。聖地を満喫してほしい。

群馬の健大高崎も11-1で圧勝。
俊足強打で注目の湯浅大選手は僕の知人の次男。
主将の彼はケガで先発から外れたものの途中出場。
元気な姿に安心した。今後の健闘を祈りたい。

愛媛では帝京の系列校、帝京第五が出場。
元ロッテの投手だった小林監督が就任後、1年で
いきなりのセンバツ出場。この帝京第五は僕が高3の
夏大会で3回戦で激突。わが校は下馬評では不利といわれたが
完封した。練習試合でも1-0で勝っていたので
その自信がもたらした勝利だった。リトルも高校野球も
大学野球もプロも…。野球観戦は「ワクワク」する。
手抜きなし、全員が懸命なのがいい。

kyusyun1mar2017.jpg

↑ 2017・3・20 中国新聞より

kyusyun2mar2017.jpg



『熱闘、WBC』

2017 03,13 admin Posted in 丸山景右

昨夜はWBCのテレビ中継に釘付けとなった。
WBCとは16の国と地域が参加する野球の国際大会。
強敵の対オランダ戦は激闘4時間46分。侍ジャパンは
WBC史上初のタイブレークで延長戦を制した。

日本はメジャーリーガーは青木ただ一人。
至宝である二刀流の大谷は欠場。それに
かつての「大魔神」佐々木のような終盤を
任せられるクローザーもいない。対して
オランダはバリバリのメジャーリーガー5人。それに
年間60本塁打の日本記録を保持する
バレンティンも先発に名を連ねる。パワーの差は歴然だ。
それでも勝利したのは「勝つ」という執念の差ではなかろうか。

それにしても世界の野球の勢力図が大きく変わったことに
驚かされる。まず中国。日本代表(プロ・大学・U-18年代)との
戦跡をひも解くと、通算対戦成績は0勝70敗。プロ中心の
日本代表との戦跡は34戦全敗で得点は40得点(1試合平均1点)
失点は351点(1試合平均10点)である。10年前は
高校野球以下のレベルと言われていた中国だが
今大会の戦いぶりからして近い将来、日本のライバルチームに
なるだろう。格下だったオランダもコロンビアも強豪チームとして
台頭している。ドミニカ共和国も米国を撃破し、イスラエルもかつて
世界ナンバーワンと言われたキューバを攻守で圧倒し勝利した。
そんな中でWBCのホスト国であるアメリカが「WBCは今回が最後」
と表明しているようだ。ビジネスとして収益が見込めないとの理由だが…。
2020年の東京五輪にも「野球」が競技として復活し、子どもたちの
競技人口は激減しているものの「野球熱」は消してほしくない。
春浅いこの時期、選手には故障のリスクがつきまとうが
悔いのないプレーでファンを魅了してほしい。
ガンバレ、侍ニッポン。

nettowbcmar2017.jpg

中国新聞 2017・3・13 朝刊より



『荒療治』

2017 02,27 admin Posted in 丸山景右

GDPは世界3位なのに一人当たりの「生産性」は39位。
日本のレベルは先進国で最低レベルに下がってしまった。
アベノミクスは4年近く発動しても効き目がない。
戦後日本の高度成長は総人口が急増したことが大きな要因。
今や、少子高齢化がドンドン進行し人口の大幅減が確実な日本。
もう「好景気」なんて死語になるのか?

営業研修時にこんな質問が出た。
「昔は住宅ローンが7~9%の高金利だったのに
着工戸数が190万戸。金利が1%前後の現在は
90万戸。なぜですか?」
「景気の差だよ。1960年に当時の池田勇人首相が
『所得倍増計画』を打ち出し、これが大ヒット。
10年間で所得の倍増を約束したのだから
少々金利が高くても借金して家を建てるよね」
それが現実化し好景気で賑わった。

今、所得倍増論を打ち出したらどうだろうか?
消費低迷を打破するには
これぐらいの荒療治が必要かもしれない。

araryouji1feb2017.jpg
出典:ironna.なぜ「高度成長」の考察が重要なのか

araryouji2feb2017.jpg



『ロールプレイング』

2017 02,09 admin Posted in 丸山景右

最近の研修にはロープレの導入が多くなった。
ロープレとは役割演習のことである。
応酬話法の修得が目的で、テーマを設定し
商談シナリオを組み立て、実践。
ロープレは決して模擬ではなく
訓練は常に「真剣勝負」。
「学び合う」「教え合う」風土づくりにも
ロープレは欠かせない。
知識武装しわかりやすく伝える技術を磨くには
ロープレが最適。最近はロープレ名人にも
出会うことが多くなったが、彼らの日頃の努力に
拍手を送りたい。恥をかき、悔しさを実感し
成長する営業マン。訓練の方法は
昔も今も変わらない。「うまくなりたい」という
気持ちがあればそれだけで大丈夫。
ロープレで自信をつければ、人は変わる。
ロープレをやろう。徹底的にやろう。

role-playingfeb2017.jpg

role-playing8sfeb2017.jpg



『徹すること』

2017 01,27 admin Posted in 丸山景右

「家が売れない」逃げ出したい。
でも行き場がない。「心が折れそうだ」
こんな声を耳にする。たしかに
近い将来、住宅の着工戸数が全盛期の
1/3にまで激減するという恐怖。
無碍にはできないことだ。

tessurukoto1jan2017.jpg

最近、目にした広告のコピー。
「苦しいときが伸びるとき」
僕は高校球児のころ、スタミナ不足の
自分を限界まで追い込んだ。
「あと一歩で甲子園…」
最後の夏大会で悔いのないプレーができた。

tessurukoto2jan2017.jpg

「今日だけ懸命」これが僕の人生訓。
「つらい」のは今日だけ。不安があっても今日だけなら
だれでも頑張れるはず。

tessurukoto3jan2017.jpg

宮島へ渡るフェリー乗場近くに
もみじ饅頭のお店「岩むら」がある。
店内の「書」がいい。

ひとつのことでもなかなか
思うようにならぬものです
だからわたしはひとつのことを
一生けんめいやっているのです

この文言は「人生」そのものです。