HOME サイトマップ プライバシー・ポリシー 資料請求・お問い合せ

   

『“こだわる”こと“徹する”こと』

2019 05,20 admin Posted in 丸山景右

「雨楽な家」専門店として
木の家にこだわる岡崎市の西城建設。
「雨楽な家」以外は一切請負わない
というこだわりがすごい。
それでも「雨楽な家」の竣工は102棟を数える。
家づくり理念のすべてがピッタリの
顧客とのお付き合いである。
お客様の入居宅を訪れたり、建築現場を覗いてみると
「感動の家づくり」がヒシヒシと伝わってくる。
今月も18坪の「雨楽な家・平家」が上棟した。
“こだわる”ことと“徹する”ことの大切さ。そこには
ビジネスの原点回帰が見えてくる。

kodawaru1may2019.jpg

kodawaru2may2019.jpg

kodawaru3may2019.jpg

kodawaru4may2019.jpg

kodawaru5may2019.jpg



『連続トップを持続する理由』

2019 04,22 admin Posted in 丸山景右

今月から新しくスタートした営業研修。
9年連続ナンバーワン(Y県)と
12年連続ナンバーワン(S県)を
誇る2社は企業体質は全く異なる。
だから興味津々。今後どう展開するか面白い。
レクチャーしながらその強さの秘訣を探りたい。

renzokuapr2019.jpg
S県の洗練された営業マン

renzoku2apr2019.jpg

Y県で研修後、立ち寄った桜本児童遊園。
山の斜面をシバザクラで覆い尽くすピンクの花畑。
絶景だった。



『衆参W選挙?その争点は?』

2019 03,28 admin Posted in 丸山景右

3月26日に日銀が公表した
金融政策決定会合の意見書を見て驚いた。
「世界経済の減速」をやたら強調した内容だった。
そして今年10月予定の消費税増税が
消費に悪影響を与えるリスクもあると
締めくくっているではないか。

すわ、消費税増税延期か?

衆参W選挙も増税延期もサプライズではないのでは?
そんな思いが頭をよぎる。

今日は本社の女子会。景気回復という話題はナシ。
ポジティブで過去は引きずらない。こうでなくっちゃ。

 shusanwmar2019.jpg



『イチロー、一旦退く』

2019 03,22 admin Posted in 丸山景右

日本のプロ野球界では2000安打すれば
名球会入りができ、超一流の称号が与えられる。
21日、日米通算4367安打を放った大打者、
マリナーズのイチローが現役引退を発表した。
昨年5月にフロント入りし、日本での公式戦出場を
発表したときの規定路線だったと思う。
そんなにおいがした。

「何事も自分の形をつくっていない人に結果は出せない」
「特別なことをするのではなくあたり前のことを続けること」
このイチロー語録は私も「営業研修」の際に、イチローの
貫いたこととして活用させてもらっている。
45歳のイチローのこれからの舞台、
何を極めるのか?挑むのか?楽しみである。

 ichiromar2019.jpg



『すぐやろ工務店会・新潟』

2019 02,26 admin Posted in 丸山景右

昨年、新潟県の工務店9社でスタートした
「すぐやろ工務店会・新潟」。勉強会を実施した。
会場は竣工したばかりの「雨楽な家Ga」モデルハウス。
北区松浜東町に誕生した深い軒の和モダンなガレージハウスです。
この家には家中どこにいても気温差のない
全館空調を導入し、太陽光発電設備や
蓄電池も搭載した。夏も冬も1年中、快適に
過ごしたい。地元の木に囲まれて健康に暮らしたい。
住む人も造る工務店も家づくりの理念は同じ。
今後の会員工務店様の活躍を期待したい。

niigata1feb2019.jpg

niigata2feb2019.jpg

niigata3feb2019.jpg

懇談会後、新潟空港から
セントレア(中部国際空港)へ。
さすがにプロペラ機には
冷や汗をかいたが無事到着。

niigara4feb2019.jpg



『杉の厚板が薫る家』

2019 02,22 admin Posted in 丸山景右

新しく企画した「リノベうらく」が竣工しました。
愛知県豊田市松平のM様邸です。
築67年の平屋。職人さんたちの知恵を活かして
新しい発想で造りました。「雨楽な家」で培った
「本物の木の家を手の届く価格で」を合言葉に
丹精込めた職人技が見事だ、と自負しています。
3月から一般公開します。

renove0feb2019.jpg

renove1feb2019.jpg

renove2feb2019.jpg

renobe3feb2019.jpg

 renove4feb2019.jpg

renove5feb2019.jpg



『福島、悲願の初V』

2019 01,21 admin Posted in 丸山景右

恒例のひろしま駅伝は下馬評どおり
福島が東北勢で初の優勝を飾った。

己の限界超えでも必死で粘る。
実力ランナーが軽快にごぼう抜きをする。
駅伝にはドラマがあり涙を誘うことが多い。
「仲間のために一秒でも早く」タスキをつなぐ。
その姿にいつも感動させられる。

今年もテレビ中継に目をやり、そして沿道で声援を送る。
観客数は約28万5千人。昨年を1万人上回ったそうだ。

選手時代のキャリアを買われた福島県チームの
安西秀幸監督。17年から指揮を執り
28位、9位、そして今年は初優勝。
「選手時代の優勝よりうれしい」というコメントに
「駅伝王国」の執念を感じた。
来年はどんなドラマが…。楽しみである。

 ekiden11jan2019.jpg

ekiden2jan2019.jpg

ekiden3jan2019.jpg



『長寿』

2019 01,17 admin Posted in 丸山景右

2017年のわが国の男性の平均寿命は81.09歳。
50歳の人の平均余命は32.61歳らしい。
平均余命の計算は?調べてみた。
たとえば50歳で生存している男性が10万人いるとする。
この人数に、いまわかっている各年齢の死亡率を
掛け合わせると51歳までに254人、52歳までに
277人といった具合に亡くなっていきます。そして
生存数がゼロになるまでシミュレーションを
続けていくと余命年齢が計算できると解説されていました。
そうなると平均寿命の計算は、その年齢で
生存している人だけを対象とするので
既に亡くなっている人は計算に含まれません。
よって「年齢+平均余命」は平均寿命よりも長くなります。

医療技術が発達し治らないはずの病を
癒せる現代。寿命が延び続けるのは
確実であるが「心の病」が治癒できれば
万々歳である。

choju1jan2019.jpg

choju22jan2019.jpg

choju3jan2019.jpg

choju4jan2019.jpg

choju5jan2019.jpg



『近未来への布石』

2018 12,28 admin Posted in 丸山景右

とても短かった稀に見る充実した年だった。
自分の生き様を変えるぐらい衝撃だった
先輩との出会いもあった。

ストックビジネスは独自のノウハウで実践し
普及に確信を得た。
「ロボット」「AI」「インターネット」が進化すればするほど
コンサルティングの仕事に磨きがかかる。
来年は創業31年目。年号も変わる。
「楽しさこそ力の源泉なり」
リックの新創業元年を
更なる充実した年にしたい。

 mirai1dec2018.jpg

mirai2dec2018.jpg

mirai33dec2018.jpg

 



『ここでも非核運動が』

2018 12,14 admin Posted in 丸山景右

甲府駅に着くと構内で
「原爆の絵」展に人だかりができていた。
被爆者の証言を聞き、高校生が描いた
絵が63枚展示されていた。案の定
絵は広島では有名な
広島市立基町高校の生徒の作品であった。
「新天地の惨状」
「焼却を待つ死体」
「御幸橋」
「原爆投下後、初めて行った学校で」
「ああ!幽霊だ」など
実にリアルに描かれている。

広島・長崎に原子爆弾が投下されてから
73年目の年の瀬を迎えている折
署名とお見舞い募金に協力した。

kokodemo1dec2018.jpg

kokodemo2dec2018.jpg

kokodemo3dec2018.jpg