HOME サイトマップ プライバシー・ポリシー 資料請求・お問い合せ

   

2009年 3月のアーカイブ

『夢の「聖地」完成』

2009,03,30,月曜日 Posted in 丸山景右 |

カープ風雲録外伝が100回の連載を終えた。 日刊スポーツでの記事で、歴史を彩った男たちの 中に野球未経験者がいたことに驚かされた。 高校時代は陸上部に所属し、その昔 員数合わせのためカープに入団したという。 今では到底考えられないことだ。   広島カープが誕生して60年目を迎える。 3月28日、新球場が完成。 この球場は総天然芝のグランドを備えている。 今年こそ優勝を期待したい。       Read more..

『神のイチ撃、連覇達成』

2009,03,26,木曜日 Posted in 丸山景右 |

侍ジャパンがWBCで勝利した。 「また一つ壁を越えました」と無邪気に笑う。 イチローの言葉は勇気づけるものだった。   イチローの言動には必ず意味がある。 「普段と変わらない自分でいることが僕の支え」 なんて格好いいセリフなんだろう。   不振を脱出するためイチローが心掛けたこと。 それは「いつもの空気を作る」ことだったという。 試合前にカレーを食べ打席に入る時は 本拠地の公式戦の曲をリクエストするのだ。   アッパレ、イチロー。君はやはり凄かった。     Read more..

『残心余情』

2009,03,23,月曜日 Posted in 丸山景右 |

人の心は気まぐれ、素直? とても扱いにくいモノだ。 女心は秋の空らしい? 男のそれも読むのはむつかしい。   感動を呼ぶのは残心余情。 パソコン全盛の時代に筆文字がいい。           Read more..

『ひらめき脳』

2009,03,10,火曜日 Posted in 丸山景右 |

最近やたら『脳』に関する本が目につく。 そこで一冊。『ひらめき脳』(新潮新書)は 茂木健一郎さんの力作である。 彼は、脳の前頭葉の「やる気」と側頭葉の 「記憶の集積」がうまく結びつくと ひらめきが生まれると解説している。   私の脳の鍛錬法は「WH戦法」。 Why(なぜ)、How(どうしたら)と絶えず 考え続けると、突然ひらめきが起きることがある。 ど忘れしていたことをあるとき、ふと 思い出すのと「ひらめく」ことはよく似ている。   頭が疲れ切っていても眠ると 「ひらめき力」は回復するらしい。 私の「ひらめく」時間帯は早朝の散歩するときだ。 どんな人も脳は鍛えられるのだから 気力を充実させてしっかり考えることを 習慣化してみたらどうだろう。 脳の活性化こそ若さを保つ秘訣である。     「ひらめきの達人」ハイポーズ   Read more..

『また逢う日まで』

2009,03,04,水曜日 Posted in 丸山景右 |

「しばらく旅に出ます」一通のハガキが 届いたのは1月末のことだった。 東京・恵比寿 三越の1角に店構えを していた『ニブリック』がついに閉店した。 『ニブリック』は日本のファッションの パイオニア石津祥介さんが、こだわる 中年紳士たちのために立ち上げた ブランドなのだ。淋しい限りである。 「男の服装を年によって区別するのは古臭い」 「お爺ちゃんと孫のペアルックは楽しいよ」 石津さんの語りで印象に残る言葉だ。 近い将来の復活に期待したい。        赤の似合う年頃です。   Read more..