HOME サイトマップ プライバシー・ポリシー 資料請求・お問い合せ

   

2010年 5月のアーカイブ

『志あらば』

2010,05,28,金曜日 Posted in 丸山景右 |

鳩山政権が相変わらず迷走している。 『たちあがれ日本』『日本創新党』『新党改革』と 選挙戦をにらんでの新党ブームも尻すぼみ。 坂本龍馬に自らを模していち早く アドバルーンを上げた政治家も影はない。 彼らに日本を大革新したい大志はあるのだろうか?   明治維新では「薩長土肥」の地方の 下級武士たちが「志」を持って行動した。 彼らの不満は相当なもので、いわば テロリストの境地だったにちがいない。 それぐらいの気概がなければ、革新はムリ。   「龍馬ブーム」の折、志ある『知行同一』の 男気のある政治家の出現に期待したい。   出典:フリー百科事典 『ウィキペディア(Wikipedia)』 Read more..

『時を噛みしめて』

2010,05,17,月曜日 Posted in 丸山景右 |

仕事を終え往年の「坊ちゃん列車」に 乗って道後温泉界隈を訪れる。 車窓から流れる風景は何ともいえない。 煙りを上げて疾走しそうな列車に シャッターを押す人が多い。人気抜群だ。   翌朝早く移築された湯月城跡を訪れる。 仕事をリタイアした人たちが散策していた。 ベンチに腰かけ新聞に目を通す人がいる。 なんとぜいたくなことか。   僕たち団塊の世代は少し 急ぎすぎたのかもしれない。 たまにはいいもんだ。 次は鈍行列車に乗って ゆったりした時間を過ごしてみたい。     Read more..

『信じる力』

2010,05,12,水曜日 Posted in 丸山景右 |

大阪・釜ヶ崎で日雇労働者を相手に30年。 借用書なしでお金を貸す人がいる。 ケースワーカーの入佐明美さんのことが 月刊誌WEDGEに掲載されていた。   明日の仕事があるかどうかわからない人に なぜお金を貸すのか? 彼らはなぜきちんと返すのか? 嘘のような話に何度も記事を読み返した。   「西城のねえちゃん」こと入佐さんは凄い人だ。 ケンカや酒を飲んで人に迷惑を かけていると耳にすると飛んで行くという。   「相手の気持を慮ることができれば 人は人を裏切らない」これが 入佐さんの人間観である。 「人を信じて向き合って生きていくこと」 の大切さを思い知らされた。   Read more..