HOME サイトマップ プライバシー・ポリシー 資料請求・お問い合せ

   

2013年 3月のアーカイブ

『お年寄りの不安』

2013,03,28,木曜日 Posted in 丸山景右 |

一人暮らし、頼れる家族もいない。 収入もなければ貯蓄もわずか。 年金は少なく生活負担は重くなるばかり。 今、お年寄りの悲痛な声が聞こえてくる。   総務省の「国勢調査」から 日本人の暮らしの変化を考えてみた。   一、婚姻率は過去最低。未婚率・晩婚率が上昇。 一、出生率は低く単独世帯(一人暮らし)の増加。 一、2025年に4人に1人が高齢者。  要介護者はなんと5人に1人。 一、特養老人ホームへの入所待機42万人、  申込から入所まで3~4年待ち状態。   迫り来る、超高齢化社会。只事ではない。 介護医療と連携した高齢者住宅の供給と 高齢者を支えるスタッフの受皿づくりと 地位向上が急務であると痛感した。   高齢者住宅のオーナーは93才   高齢者住宅(千葉・6月竣工) Read more..

『春の花』

2013,03,27,水曜日 Posted in 丸山景右 |

埼玉県越生町の梅農家に咲く ピンクの大輪、しだれ梅。 今は六分咲きだが香り高くきれいだ。       神奈川県・横浜桜木町に咲くモクレンの花。 花びらは太陽の光を受け南側が ふくらむため花先は北側を指すらしい。 見物していた人が教えてくれた。     大阪の江坂の街中に咲く菜の花。 白や紫の花が所狭しと咲き誇っていた。 炒め物・汁物・揚げ物にしたらいいかな。     今は亡き義母の影響なのか、そこには 花と会話をしている自分がいる。 喧騒を逃れて静かに耳を澄ませてみると 何かささやきが聞こえてきそうだ。 Read more..

『映像配信』

2013,03,25,月曜日 Posted in 丸山景右 |

ゆったりスペースにガラス細工の装飾。 東京ステーションホテルのラウンジは 天井が高く利便性もよく、打合せ場所にはグーだ。   6月から全国に映像配信する クラウド型eラーニング研修の 方向性が固まりロゴデザインと キャッチコピーの制作に着手した。   オンデマンドとライブを併用し、 『いつでもどこでもだれでも何度でも』 学べる『住宅営業マン育成』番組にしたい。   Read more..

『崩れ落ちる兵士』

2013,03,22,金曜日 Posted in 丸山景右 |

『二人の写真家展』が催されている 横浜美術館へ出向いた。 今回の目的はロバート・キャパの作品。   彼を戦場カメラマンとして一躍有名にした 代表作『崩れ落ちる兵士』は中学生のころ 雑誌『平凡パンチ』から切り取った想い出の写真だ。 たった一枚の「こっけいな変な兵士?」の 写真は僕の部屋にいつまでも飾られていた。   勇気ある女性写真家のゲルダ・タローの 作品も命懸けだったことが一目瞭然。 超一流のプロの技と素がイメージできる モノクロ写真の良さも実感できた。     横浜美術館 パンフレットより Read more..

『1分間スケッチ』

2013,03,21,木曜日 Posted in 丸山景右 |

86年の駅の歴史に幕を閉じた渋谷駅。 旧ホームをカメラに収めようと 多くの鉄道ファンが押しかけていた。 僕は駅の移転を知らず旧駅を訪れ 待ち合わせの時間に遅れてしまった。   都立大前で長谷川先生とスケッチ談義。 いつも現場の声が聞けるのでありがたい。 彼の提案手法は家具などを1分間で描く 超簡単スケッチ手法だ。 どこでも「見える」会話ができるスグレモノ。 コミュニケーションが豊かになり 営業マンだけでなく子どもの教育にも有効だ。       Read more..

『今を生きる』

2013,03,15,金曜日 Posted in 丸山景右 |

「おいくつ?」「あなたより少し上かな」「???」 たまに「昭和〇年の生まれですか?」と 突っ込みを入れる輩もいる。   今さら過去を悔やむことも 人生をふり返る暇も今の僕にはない。 「プロとしての仕事をやっている」という 誇りと喜びがあるからかもしれない。   人は多少、注目されてもやがて忘れ去られる。 それが『老』の現象というもの。100年後、 誰も僕のことなんか記憶にないだろう。   今日から関東・関西へ出張が続く。 心に余裕をもって体調万全で努めたい。   Read more..

『ひとめ惚れ』

2013,03,12,火曜日 Posted in 丸山景右 |

手づくりのオモチャを衝動買いした。 僕は気に入ったモノは即、欲しくなる癖がある。   最初に衝動買いしたのは 初ボーナスで手に入れたオウム。 独身寮で「おはよう」「ドンマイドンマイ」 「がんばれよ」をうるさく連呼したため クレームがついた。揚句の果てに ペットショップに引き取ってもらった。   車や洋服や家具は「衝動買い」。 土地や嫁さん(失礼)は「ひとめ惚れ」。   「衝動買い」と「ひとめ惚れ」のちがい?だって。 「衝動買い」は「今を逃したら…」という 購買心理によるもの。しかし 「ひとめ惚れ」は運命的に出会うという 必然性から派生するもので お金に代えられないワクワク感がある。 「ひとめ惚れ」するモノをさがしたーーい。     Read more..

『侍ジャパン、準決勝へ』

2013,03,11,月曜日 Posted in 丸山景右 |

8日のWBC台湾戦は総力戦での逆転勝利。 緊張し興奮し熱くなって今更ながら 野球の醍醐味を味わった。 昨夜のオランダ戦。なんと6本塁打を量産し 16対4のコールド勝ち。貧打の侍打線に 誰がこんな打撃戦を予想しただろうか。   うっぷんを晴らす猛打を呼び込んだ 最大のヒーローはマエケンだ。開幕前には 右肩痛不安を抱えていたが先発し 5回を1安打9奪三振の完璧な内容。 彼の好投に打線が報いたということだろう。 打者の内角へ食い込みながら 沈むツーシームが武器だった。見事だ。   マー君も澤村もマエケンのように 変化の大きいWBC公式球の 特徴をつかんだ投球に期待したい。 知恵を絞ってヤレば必ずできる。       Read more..

『ひな飾り』

2013,03,07,木曜日 Posted in 丸山景右 |

あたたかくなった春の日に玄関口に ガラスの花器に梅と桃の花を生ける。 そしてツレがちりめんの布で作った 小さなひな人形とツイタテを飾る。    その昔からの風習で女児に人形の オモチャをもたせるのは一種の厄除けで 人形がその子の身代わりを務めるらしい。   広島では月後れの4月3日がひな祭り。 春休みに帰ってくる孫のために近いうちに ひな人形を蔵出しし飾ってみよう。 移りゆく季節が実感できることに感謝。     Read more..

『食事も忘れて楽しく』

2013,03,05,火曜日 Posted in 丸山景右 |

「がんばろう、ガンバロウ、頑張ろう」 労働組合だけでなく株主総会でも 営業会議の打ち上げでも…。 日本人は元気を出すために右手の拳を 振り上げて叫ぶ。何度も何度も。   頑張らなくても、うまく事が成せばOK。 気張ったり、元気なジェスチャーは要らない。 自然体がいいし疲れない。   「あと何年生きられるか分からないから 命がけで絵を描くのよ」 83歳の前衛芸術家の草間彌生さんは、 心の病を越え1日に9時間も水玉や 網目模様の絵を描くという。 「がんばろう」は彼女には似合わない。 この生き様を見習いたい。   朝日新聞 2013年1月26日 Read more..