HOME サイトマップ プライバシー・ポリシー 資料請求・お問い合せ

   

2013年 5月のアーカイブ

『むすび丸』

2013,05,30,木曜日 Posted in 丸山景右 |

東北観光博で15分間のスポット小噺。 というより「元気になるちょっといい話」を 披露(?)した。これはボランティア。 演題は東北に因んで石巻市で 六年前に見た「日和山の桜」。そして なぜ日和山なのか、由来を語る。 ラジオ番組の福山雅治の話を引用してみた。 その後、ゆるキャラの「むすび丸」と記念撮影。 伊達政宗のカブトをかぶっていた。カワユイ。     Read more..

『入札された絵』

2013,05,27,月曜日 Posted in 丸山景右 |

研修を終え、絵画大入札会をのぞいてみた。 シャガール・平山郁夫・ミュシャ・棟方志向など 押しの選りすぐりの有名絵画が なんと1000点超展示されていた。   浜口陽三「西瓜」は最低入札価格250万円。 アベノミクス効果で高級絵画が売れるらしい。 最低入札価格8万円均一特集や 1円から入札でき自分で価格が決められる 「なりゆき入札コーナー」もある 手軽に参加できる入札会だった。 こんな絵画展は肩が凝らなくていい。     Read more..

『地の利』

2013,05,22,水曜日 Posted in 丸山景右 |

『ハイチーズ』雨楽な家・松山店でスナップ。 私を除く4人のメンバーに女性が加わり オープンして1ケ月。時の流れは早いものだ。   取得した土地の造成分譲もスタートし 新しいタイプのモデルハウス2棟も施工中。 地元の不動産屋さんとの提携で 建築条件付土地販売も期待できる。 松山では直販で会員工務店を支援したい。   弊社としては初の不動産絡みの事業展開。 本分を忘れることなく成果につなげたい。     Read more..

『昭和メモリアル』

2013,05,20,月曜日 Posted in 丸山景右 |

ひろしま美術館に与勇輝展を見に行った。 昭和前期の時代背景の人間模様を表現したもので 人形とはいえ、そのリアルさに驚かされ 幼少の頃の懐かしさに思いは巡らされた。 そして戦中戦後の作品には胸が熱くなった。   人形は絵とちがい、立体なので、様々な 角度から見ることができる。 まるで生きているかのように精密、 薄暗い部屋では不気味。職人技に脱帽した。           「昭和・メモリアル 与勇輝展」図録より Read more..

『菓子博』

2013,05,13,月曜日 Posted in 丸山景右 |

広島で92年ぶりに開催された「菓子博」。 会場の旧市民球場跡では スイーツファンでにぎわっていた。 24日間で来場目標の80万人を突破。 レモンの出荷量日本一の広島の レモンのお菓子が目立ったのは意外だった。 全国約6000種のお菓子が並び 花鳥や童話をモチーフにした工芸菓子は 見事で菓子職人の技の結晶に驚かされた。 特に地元の「厳島」の壮大なスケールに圧倒された。 「味な笑顔」がたくさんの一日だった。       Read more..

『勉強会』

2013,05,10,金曜日 Posted in 丸山景右 |

弊社主宰の『すぐやろ工務店会・中部』の 勉強会は31社71名が勢揃いした。 ここ名古屋会場は熱気に溢れ 参加者はいつになく真剣だった。   賢いお客さまへのアポイントのとり方、 大手ハウスメーカーを軸にして 2015年に本格化するだろう 環境配慮型住宅への取り組み、 そして「小さな雨楽な家・3×3』の 商品開発や販売手法に注目が集まった。 名簿管理やセールスレターの活用法も レクチャーした。住宅業界は今、正念場。 知恵を絞って乗り切るしかない。       Read more..

『寝食を忘れて』

2013,05,09,木曜日 Posted in 丸山景右 |

大阪・淀屋橋の近くに蘭学の私塾、適塾がある。 幕末に緒方洪庵が開いたもので 福澤諭吉などを輩出している。 今、日本人は寝食を忘れて猛勉強すべきだ。 何のため?ビジネス業界において 勝ち残るため?豊かな自分磨きをするため?   原発問題・電力不足・震災恐怖 ・借金大国・初の貿易赤字・TPP問題 ・リスケ倒産・増税生活負担増・失業不安 ・インフレ破滅・資源不足・弱腰外交 ・年金問題に超高齢化時代への対応不安。 今の日本、不安をあげたらキリがない。   仕事があることは幸せである。 寝食を忘れて猛勉強できることは 励みになる、勇気が湧いてくる。 感謝!感謝!   出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』   適塾風の営業合宿風景 Read more..

『化石だって?』

2013,05,07,火曜日 Posted in 丸山景右 |

昔VAN、今はJ・プレスとMITSUMINE。 僕はいつまでたってもトラッドの愛好者だ。   トラディショナルにこだわるJ・プレスが お洒落な男の雑誌「MEN’S CLUB」の 古い掲載広告を今頃、盛んにPRしている。 38年も前のコピーだが、実にうまい。 タイトルは「J・プレスが化石だって?」だ。   日本では伝統的な服装が 「頑固者のスタイル」であると思われている。 これは誤解でとても悲しいことです。 J・プレスは伝統的な服をつくり 続けているけど、単なる頑固者でも 息をしない化石でも断じてない、のですぞ。 という件である。   1902年に創業したアメリカの 洋服屋さんの熱き想いは半端じゃない。 「やり続けること」の大切さ、見習いたい。     「あの頃よりも、今のあなたの方が 似合うかもしれない。」 とてもいいフレーズです。 Read more..

『特選和牛の店』

2013,05,02,木曜日 Posted in 丸山景右 |

JR川崎駅を出て徒歩で4分。 親族が経営するステーキの店「あさひや」。 良質な和牛霜降りが人気の老舗店だ。 塗り壁とアンティーク家具、そして 重厚なムクの建具と床がとてもいい。 テナントビルで賃貸しているが 地下フロアは80名貸切の直営の カラオケ&ダンス場。隔週土曜日は ハワイアンのバンド演奏も楽しめるらしい。   少し宣伝しすぎかな。     Read more..

『さとり世代』

2013,05,01,水曜日 Posted in 丸山景右 |

「さとり世代」とはゆとり教育を受けた 世代で「お金を稼ぐ意欲が低い」 10代~20代半ばを指すらしい。 ネットの掲示板から生まれた言葉だ。 日米中韓の若者意識調査における 将来の仕事観では「起業家になりたい」が 日本の若者は他国と比べダントツに低い。   好景気・バブルを知らない。 ネットの普及でだれもが物知りになれる。 車やブランド品、海外旅行に興味がない、 上昇志向がうすく偉くなりたいと思わない。   300人の営業マンの前で講話。 最近「さとり世代」と「バブル世代」に囲まれると 違和感を感じることがある。 「何かを気付かせて行動を変える」ことを 要諦とすれば少し気がラクになるのだが…。   Read more..