HOME サイトマップ プライバシー・ポリシー 資料請求・お問い合せ

   

2014年 10月のアーカイブ

『相次ぐ「カネ」問題』

2014,10,30,木曜日 Posted in 丸山景右 |

小渕、松島両閣僚の異例の同日辞任。 そして宮沢経産相や望月環境相にも 矢継ぎ早に火の粉が飛び移り 今、安倍政権が揺さぶられている。 安倍総理は身体検査をしっかりして 起用しているのか?といぶかる人は多い。 宮沢大臣就任3日目に飛び出した 「SMバー」の件、こんなことは 政治資金収支報告書を調べて すぐにわかることではないらしい。 実にタイミングがよすぎる。次々に 発覚する閣僚不祥事のネタ元は検察? 今、国会の課題は山積されている。 観劇、うちわ、SMバーの問題は 政治に対する国民の期待に 水を差すつまらない話材にすぎない。 「重箱の隅」をつつかず国会で勝負してほしい。 「安倍政権」の腰折れが不安だ。   Read more..

『時代劇』

2014,10,20,月曜日 Posted in 丸山景右 |

映画好きな僕は時間が許せばシネマ通い。 「時代劇」を見逃すことはまずない。 最近観たのは「柘榴坂の仇討」「蜩の記」。 戦の世が終わりいかに生きるかが 突き詰められた時代の武士たちの 生き様が手にとるようにわかる。 時代劇は日本の文化・建物や佇まい、そして 日本人の美徳、道徳などの 日本の原風景も感じ取ることができる。 「水戸黄門」が終わり「軍師官兵衛」も佳境を迎えた。 正攻法の時代劇も役者も少なくなった今 時代が変わってもグローバリズムの名のもとに 時代劇を埋没させてはいけない。 心や思想や作法をしっかり 観取ることができる時代劇。貴重だ。   「柘榴坂の仇討」公式サイトより Read more..

『心に残る宿』

2014,10,16,木曜日 Posted in 丸山景右 |

玄界灘を眺め波の音を楽しむ。 日本庭園の緑に癒され 朝に夜に潮の香りいっぱいの 露天風呂で汐湯につかる。 海原を借景にくつろげる唐津の宿 それは「凪の音(なぎのと)」。 26皿のオシャレな朝食。 「松原遠く~」日本の唱歌「海」の詩。 僕は温泉好き、でもこんなリーズナブルで 上質な温泉宿はありがたい。 出張のチョイの間の楽しみが またひとつ、できたのがうれしい。 Read more..

『ブーメラン営業』

2014,10,10,金曜日 Posted in 丸山景右 |

バブル時代に住宅営業マンは 土地を用意できていない「土地なし客」には 「自分で土地を探してこられたら話に乗りますよ」 なんてソッケなかった。 しかし今は「探しますよ、任せてください」と 必死に「土地なし客」に群がる。時代は変わった。 住宅の着工戸数は2025年には 62万戸までダウンすると予測されている。 全盛時の1/3だ。そうなると 営業マンの年間受注棟数は3棟? 大変な時代が到来する。 「土地なし客」にはブーメラン営業が有効。 ブーメランとは元々狩猟のために 使われていた木の飛び道具。武器である。 ブーメラン営業とはお客様が自分で 土地を探してきて営業マンに相談してくる とても都合のいい営業手法。 今、そのノウハウを伝授している。 Read more..

『皆既月食』

2014,10,09,木曜日 Posted in 丸山景右 |

昨夜は皆既月食。 満月が地球の影にすっぽり入る現象で 太陽と地球と月が一直線に並んで起きる。 この写真は広島城天守閣越しの空に 浮かんだ赤銅色の月。一瞬目を疑った。 10月8日午後7時45分に 中国新聞社の記者が撮影した写真だ。 地球の大気で屈折した太陽光だけが 月面を照らすため月は 特有の色に変色するという。残しておきたい。 Read more..