HOME サイトマップ プライバシー・ポリシー 資料請求・お問い合せ

   

2015年 6月のアーカイブ

『老後の恐怖は年金問題』

2015,06,25,木曜日 Posted in 丸山景右 |

2025年に男性の年金支給が すべて65歳からになる。 現在の夫婦二人の標準世帯の 年金受給額は月額約22万円。 しかし10年後には所得代替率が 50%だとすると年金は月額17万円程度に なるという試算がある。 これだけ急落すると老後は悲惨だ。 2006年の小泉政権では 「年金100年安心プラン」が提唱され 月額32万円で年間384万円の年金が 受け取れる予定だった。 そこで年金の損得を考えてみる。 損得とは「もらえる額-支払う額」のこと。 現在70歳の人は「3090万円の得」。 10歳児は「3600万円の損」である。 国の約束?はどうなっている? もう自己防衛しかない。 そして、若者の士気の低下が気になる。   Read more..

『紙芝居を創る』

2015,06,23,火曜日 Posted in 丸山景右 |

今時の若い営業マンを育てるには 懇切丁寧に住宅営業の「イロハ」を 教え込む必要があります。 そのための第一ステップは、知識武装です。 営業マンはモノ知りになれば 積極的に話のネタを伝えたくなります。 そして面談恐怖症が解消され 商談が楽しくなります。 専門知識や営業ノウハウを ビデオ収録しそれをネタに 「紙芝居」を創る。 紙芝居は商談を面白くするカンニングツール。 漫才や落語と同じように「営業紙芝居」も ネタが命。楽しくやろう。 Read more..

『イイネ、たけし』

2015,06,17,水曜日 Posted in 丸山景右 |

『何だっけ?ライフプランナーって。 本気で人のために働くやつなんているの?』 というビートたけしの「ソニー生命」のCM。 このCMは生命保険嫌いを公言するたけしが、 人の幸せとか生きるということについて語りかけたものだ。 つまり、日本の生命保険の在り方についてホンネで一石を 投じたもので、生きることに希望を与えるもの。 「保険を売る営業マン」は人生設計をお客さまに語り、 ライフプランを得意技にして保険を売っているわけですが、 さて最大の買い物である家を売る営業マンは 本気で?いや必死になって家を売っているか?疑問です。 そんなことで今の僕の研修は、家づくりをする際には、 ライフプランを立てて「お金と老後の不安」を解消する 家づくり、つまり「生涯の黒字化を」がテーマです。 必死とは「必ず死ぬ」と書きますが 営業マンは死ぬ気でガンバレ という物騒なことを合言葉にしています。 「お客さまのために必死になればそれがお客さまに 必ず伝わります。そしてお互いが笑顔になれます」 Read more..

『灘祭り』

2015,06,09,火曜日 Posted in 丸山景右 |

姫路駅に展示されている神輿。 この神輿は姫路市の松原八幡神社で 行われる秋の「灘祭り」で 荒々しく激突するらしい。 別名「灘のけんか祭り」と呼ばれ 姫路を代表する祭りだ。全国でも 屈指の最大規模を誇っている。 重さ2トンの3基の神輿が ぶつかるのだから迫力満点だ。 今年の10月14・15日。 足を運んでみたい。 Read more..

『紫陽花』

2015,06,08,月曜日 Posted in 丸山景右 |

梅雨を鮮やかに彩るあじさい。 6月から7月に開花する。原産地は日本らしい。 ここ松山観光港で観たのは白青紫、そして赤。 ネットによるとアジサイの語源ははっきりしないが 「万葉集」や平安時代の辞典では 「味狭藍」「安治佐為」「阿豆佐偽」などの 字をあてて書かれているらしい。 紫陽花の色は土壌の酸性度によって 花の色が変わり酸性ならば青、 アルカリ性なら赤になると言われている。 そういえば10数年前に訪れた、防府市の 阿弥陀寺のあじさい祭り。 ド肝を抜かれたのを覚えている。 Read more..

『カープの逆襲』

2015,06,05,金曜日 Posted in 丸山景右 |

6月5日現在、23勝31敗のカープ。 借金8の最下位は予想外の戦跡だ。 昨季からの「カープ女子」人気それに 黒田の男気。そして若手の成長と 勇気ある新井の古巣へのカムバック。 しかし優勝候補の下馬評は今、 完全にウラ切られている。それでも ビリからの逆襲を期待したい。 Read more..

『田舎の木の家』

2015,06,01,月曜日 Posted in 丸山景右 |

築後60余年の実家。周りはビルだらけ。 通り土間を伝ってくるひんやりした風の 通る道は今も変わらない。 隣家とのすき間から差し込む微妙な光、 うす暗い台所。少し手を入れているけど 昔と何も変わらない。そして2階の和室。 さすが腕利きの棟梁が建てた家なので 一寸の狂いもないことに驚かされる。 思い出にとシャッターを切る。 Read more..