HOME サイトマップ プライバシー・ポリシー 資料請求・お問い合せ

   

2016年 5月のアーカイブ

『嬉野温泉』

2016,05,25,水曜日 Posted in 丸山景右 |

九州屈指の名湯、嬉野温泉へ。ここは 日本三大美肌の湯場として知られている。 福岡・博多から車で約1時間半に位置し利便性もいい。 開放的な露天と内湯付きのゆったりした和洋室。少し贅沢か。 夜朝に3回天然温泉を満喫。全身を塩でもみ、サウナへ。 たった5分でボタボタと発汗。塩の効果には驚かされる。 肌はツヤツヤ。 ホテルの前には見渡す限りに 睡蓮の花が咲いていた。 今年の夏の暑さの厳しさを予感した。 Read more..

『だすけ新潟』

2016,05,19,木曜日 Posted in 丸山景右 |

伊丹空港をベースにして国内線を 運航するJ-AIR。新潟への出張は この小さな機体に搭乗。最初は不安だった。 今回は5月でも雪の残る穂高岳を機内から スナップ。雄大である。空がきれい。 今月から日本で初めて導入された エンブラエル190型機を伊丹空港で見た。 ビジネス客を意識して機内では ドリップ仕立てのコーヒーが提供されるらしい。 温かみのあるサービスが売りだそうな。 300年の伝統を誇る白根大凧合戦が 6月初旬から行われる。この初夏の 風物詩を見てみたい。 「だすけ」とは新潟の方言で「だから」という意味。 Read more..

『山下清展』

2016,05,16,月曜日 Posted in 丸山景右 |

先日、山下清の作品展に出かけた。 彼のイメージはいがぐり頭に短パン そしてランニングシャツ。 会場では当時の創作風景が ビデオで流されていた。実際の姿は 夏は浴衣、冬は着物、語り口は朴訥だが すべての言葉は人の心に残るもの。 的を射た言い回しの達人だ。 作品は少年期、放浪期、円熟期と 時系列順に展示されていたがどれも 秀逸。やはり天才。非の打ち所がない。 幾多の書に目を通すと旅先では絵は ほとんど描かなかったという。施設に 戻って記憶を基に作図していたらしい。 そして放浪先から母親に宛てた ハガキや手紙や日記帳を目にして 彼の実像を知ることができた。 また、新しい発見。元気になれる。 「長岡の花火」1950年 「パリのエッフェル塔」1961年 Read more..

『端午の節句.2016』

2016,05,06,金曜日 Posted in 丸山景右 |

鯉のぼり。 真鯉、緋鯉、子鯉そして吹き流し。 男児の誕生を祝うこの風景は最近 都市部ではほとんど見られない。 幼少の頃には、薫風にのって高々と 空を泳ぐ鯉のぼりに目を見張ったものだ。 わが家のリビングにはミニチュアの かぶとをかぶった武者飾りと五月人形。 連休に少し遅めの衣替え。 春夏の装束に替え身の回りを整理した。 俗に言う断捨離。心も何となくスッキリした。 Read more..

『フラワーフェスティバル』

2016,05,06,金曜日 Posted in 丸山景右 |

40回目を迎えたフラワーフェスティバル。 広島と世界を結ぶ平和の花の祭典だ。 今回のテーマは「未来へつなぐ花と笑顔の40年」。 初日はあいにくの雨。それでも動員は28万人。 2日目は好天に恵まれ過去最高の53万人。 人、人、人…に圧倒された。会場は 花と音楽に満ち、笑顔の輪が広まっていた。 久しぶりだが年々イベントのスケールが 大きくなっている。それでも人疲れした。 中国新聞より Read more..