HOME サイトマップ プライバシー・ポリシー 資料請求・お問い合せ

   

2017年 4月のアーカイブ

『八重桜 in 広島』

2017,04,17,月曜日 Posted in 丸山景右 |

27回目を迎えた「花のまわりみち」へ。今週も桜見学だ。 会場は広島市佐伯区五日市の造幣局。 「花のまわりみち」は大阪造幣局から昭和42年に 順次移植された桜が61品種219本も構内に咲き 一般公開されている。好天に恵まれ黒山の人だかりができていた。 毎年、広島の春の風物詩として人気を博している。 糸括(イトククリ)の桜は淡紅色で江戸時代から知られている桜。 雨情枝垂(ウジョウシダレ)は詩人の野口雨情の 邸内にあったことからこの名がついたらしい。 今日は雨。もう見納めだ。 雨情枝垂 糸括 Read more..

『マンガで楽しく学ぶ』

2017,04,11,火曜日 Posted in 丸山景右 |

孫たちが読んでいるマンガ本。それは 「学校では教えてくれない大切なこと」というキャッチフレーズで シリーズ化され2年で既に50万部を突破しているベストセラーだ。 本の内容は「整理整頓」「お金のこと」「時間の使い方」 「ルールとマナー」「カッコよくなりたい」など、多彩。 世の中のさまざまな仕組みがマンガで楽しく わかりやすく描かれている。 「整理整頓」というタイトルの本を手にした。そこには 「小学生のための世の中を行きぬく力を身につける本」と 題している。まず、このサブタイトルに驚かされた。 本中の「はじめに」を披露しよう。 「本書のテーマは『整理整頓』です。 片づけができなくても困らないと思うかもしれませんね。でも 整理整頓を習慣化すると、ただ部屋がきれいになるだけでなく 重要な能力を自然に身につけることができるのです。 『ものごとを順序立てて考える力』『計画的に行う力』 『重要なものと無駄なもの判断する力』などなど。 その力は皆さんに『時間』という宝物を 誰よりも多く与えてくれるのです」とある。 これが今時の子どもが読む本なのか? 時代の進化は凄いと痛感した。 一冊読むのに15分。マンガでわかりやすい。 子どもにも伝わりやすい。そして確実に記憶に残る。 片づけに必要な三つの力とは 「決める力」「まとめる力」「続ける力」と最初に結論を述べている。 リフォーム会社の研修テーマに「かしこい収納術を身につけよう」という テーマがある。早速この「子どもの本」を参考にレクチャーすることにした。 「営業研修は紙芝居で楽しく面白く」。僕の研修スタイルも 一昔前とは大きく変わってきた。これでいいのだ。 Read more..

『桜咲く』

2017,04,10,月曜日 Posted in 丸山景右 |

自宅から徒歩8分の西部埋立第五公園。 芝生広場やテニスコートそれに運動広場があり 春は桜、秋には紅葉など 四季折々の季節感が味わえる。 昨日は公園の石畳を通りぬけて爛漫と咲く桜の木の下で花見。 桜は枝を広げ豊かに色鮮やかに咲く姿はいつ見ても美しいものだ。 帰宅してカープ戦を観戦。リビングのテレビ横にはコゴメザクラ。 毎年この時期が来ると心が和み元気になれる。 Read more..