HOME サイトマップ プライバシー・ポリシー 資料請求・お問い合せ

   

2018年 10月のアーカイブ

『早寝・早起き』

2018,10,31,水曜日 Posted in 丸山景右 |

今日は全国各地を巡回した。 大阪・名古屋・津・豊田・四日市・東京・三重・ 奈良・松山・山口・熊本・福岡・下関。 人から「超スケジュールですね、大丈夫?」と心配されるが 全然平気。どこでもすぐ眠ることができるから体調に問題なし。 出張中は夜9時には布団に潜り込む。 新しい戦略を考え、支援者に会って情報をいただき 自分でノウハウを組み立てる。時の流れは急でも 確信の持てる作戦が立案できると楽しくなる。 ワクワクする。そして伝えたくなる。 「考え方も、体も顔も(?)若いですね」お世辞でもうれしい。 住宅業界に携わって48年。住宅不況は既に浸透し 2010年問題は深刻。僕の財産は人脈。 来年に向けて新事業のまとめに入りたい。 ブレーンも増強したい。斬新なシステムを世に残したい。 慢心に留意しコツコツ精進したい。 Read more..

『ドラ1の恩師は野球仲間』

2018,10,29,月曜日 Posted in 丸山景右 |

今年のドラフト会議は甲子園球児が主役だった。 大学生では東洋大学のMAX150キロトリオ (上茶谷と甲斐野が1位、梅津が2位)がプロの門を叩く。 その3人を育てたのが玉井信博投手コーチ。 彼は巨人がV10を逃した年には6勝を上げている。 実は玉井さんと僕は中学時代、バッテリーを組んでいた。 彼はコツコツと練習するタイプで、松山商に進学し 甲子園出場を果たし、東洋大学から 巨人、西武へとプロの道を歩んだ。 僕は松山南で投手に転向し県大会、ベスト8。 大学では野球から足を洗った。 今年、強力打線を武器に10年ぶりにパ・リーグを制した西武は 防御率はリーグ最下位。日本シリーズへの進出を逃した。 そこで玉井さんが注目されているらしい。 東洋大学の遅咲きの大器3人をドラフトの目玉に 急成長させたのがその要因らしい。 「すごく熱心に手とり足とり指導している」との 評を聞き、なるほどと納得した。 そして彼に勇気をもらった。   出典: 日刊ゲンダイ 中学時代の丸山(左) Read more..