HOME サイトマップ プライバシー・ポリシー 資料請求・お問い合せ

   

『ぶらり萩へ』

2017 12,26

津和野から歴史的建造物や文化遺産が数多く残る
明治維新胎動の地、萩へ。
幾度となく歴史の舞台となってきた
この地を訪れると気が引き締まる。
維新の風が漂う世界的遺産へ立ち寄り、夜は
とらふぐとズワイガニを堪能し、満足満足。
建物探訪は無になれるからいい。

burari1dec2017.jpg

burari2dec2017.jpg

burari3dec2017.jpg

burari4dec2017.jpg

burari5dec2017.jpg

burari6dec2017.jpg

burari7dec2017.jpg

burari8dec2017.jpg



Posted in 丸山景右 |

『人口減少の真実』

2017 12,20

高齢者は爆発的に増え少子化は止まらない。
この現象を甘く見てはいけない。
まずは平均寿命。

jinko1dec2017.jpg

平均寿命は室町時代が15歳、団塊の世代が誕生した
70年前が52歳。2050年には平均寿命は90歳を超える。
どこまで寿命は延びるのか?

人口推移は

jinko2dec2017.jpg

2008年がピークの1億2808万人。
2100年の予測が3795万人だから1/3に減少してしまう。
3000年に日本の人口は2000人になるという。
信じられますか?空き家が溢れ国が
補助金付き、ボーナス付きでマイホームを贈与してくれる。
「昔は住宅ローンで家を買ったんだって!」
こんなささやきが聞こえてくる。

・2020年に女性の2人に1人が50歳以上
・2033年に全国の住宅の3戸に1戸が空き家
・1949年の出生数は年間269万人、2016年は97万人
・人生100年時代で2007年生まれの人は107歳まで生きる確率が50%

少子高齢化ニッポンのことを真剣に考えないと大変なことになる。
「有事に備えはあるのか?」国政はいかに!



Posted in 丸山景右 |

『今、流行のWebマーケティング』

2017 11,27

日本最初のホームページが立ち上がったのは
1992年9月30日、今から25年前である。(下図)
文部省・科学センターの森田洋平氏によって発信された。

web1nov2017.jpg

今やWWW(World Wide Web)は
数千億ページあるといわれITの技術は
もの凄いスピードで進化している。空恐ろしい勢いである。

Webマーケティングとはホームページを使って商品を
売ること。数年前から住宅業界でも、お客さまに
有益なコンテンツを提供し反響を狙った
ホームページづくりが盛んである。
見込客の獲得方法は「展示場」「チラシ広告」から
「ホームページ」へと大きく変わってしまった。
以前はホームページの役割は自社のことを知ってもらう
PR中心の売り込み型であったが今は
「お役立ち情報」を発信してお客さまに見つけてもらう
インバウンド型に変わっている。

web2nov2017.jpg

自社のサイトが検索者に120%の価値と満足を
提供することができれば人気のサイトになり
家を建てる見込客の獲得が可能。そのためには
有益な情報を継続的に発信する必要がある。
第三者的な立場でブログ・動画・冊子を制作し
Webマーケティングを推進し、工務店や住宅会社を支援したい。
2018年1月から弊社が運営するサイトの
「家づくりの学校」「Web営業セミナー」
の動画配信が楽しみである。

 web3nov2017.jpg



Posted in 丸山景右 |

『自民圧勝』

2017 10,23

衆議院解散で永田町に選挙戦の
火ブタが切られたのが9月28日。
若狭・細野議員の新党結成話、
民進党や共産党の共闘体制が
整う前に奇襲を狙った安倍総理。
しかしモノの見事に小池都知事から
反撃を食らい一転、窮地に立った。
そして小池都知事が「希望の党」の代表に
就任しメディアは小池一色となった。
なんと2月には「希望の党」を商標出願し
PR動画まで作っていたという。

しかし民進党出身者の公認をめぐり
小池代表の「排除する」発言で世論が反発。
結局、野党は勝手に自滅し自民党が圧勝した。
しかし国民は安倍総理を全面的に
支持、承認したわけではない。
「初の憲法改正」を追い求めるのではなく
真の意味で国民の暮らしを守り
経済の再生に力を注いでもらいたい。

jiminasshooct2017.jpg



Posted in 丸山景右 |

『パスポートのいらない英国へ』

2017 10,06

日常のことをすべて忘れて小旅行に出た。
初日は猪苗代温泉で寛ぎ岩瀬郡にある
ブリティッシュヒルズへ。ここは
中世英国の「街」が堪能できる穴場である。
約7万3000坪の敷地にはマナーハウスやパブそれに
ゲストルーム・ティールームなどが点在している。
12世紀から18世紀にいたる英国の建築を
楽しむことができる。3kmの遊歩道と木立の中を
のんびりと散策する。その雄大さに驚かされ気分は最高。

リゾートホテルの滞在と英語レッスンをセットした
研修プランもある。短期留学する高校生。
修学旅行の人気コースでもある。
ここは建物だけで100億円を投資しているらしい。
運営するのは学校法人佐野学園。
神田外語大学など6つの教育機関を擁している。
一見の価値あり。おススメしたい。

img_9047.JPG

img_9048.JPG

img_9050.JPG

img_9051.JPG

img_9052.JPG

img_9053.JPG

img_9056.JPG

img_9062.JPG

img_9066.JPG

img_9101.JPG

img_9024.JPG

img_9025.JPG

img_9028.JPG

img_9035.JPG



Posted in 丸山景右 |

『GUIDAS』

2017 10,05

guidas1oct2017.jpg

ガイダス。人を導くという僕の造語。
ロゴデザインは著名なデザイナー
飯守恪太郎先生の作品である。

「世の中、そんなうまい話があるの?」
「より多く、助成金をもらえるウラ技はありません」
とつれなく一刀両断。しかし
「条件さえクリアすれば大丈夫。こんなに実績があります」と答える。

2014年から厚労省の助成金付き研修を
手がけているが昨年大臣認定を取得。
1社年間1000万円の助成金。
クライアントのうち、2社が9月にこの
うれしい研修受講を終了。

「受注が昨年のほぼ2倍」の声に
安堵する。たくさんの手紙とお礼の言葉、それに
「心ある涙」までいただいた。
コンサルタント冥利に尽きるし、勇気と元気をもらった。
仕事の束の間に小旅行で英気を養うことにした。

guidas2oct2017.JPG

guidas3oct2017.JPG

guidas4oct2017.jpg



Posted in 丸山景右 |

『松下幸之助歴史館』

2017 09,28

今から20年前、当時の松下電工のコンサルを受託していたころのこと。
ブルーの制服を着て松下カラー一色の門真市を訪れていた。
驚かされたことはご縁ができた初日に、幸之助翁の考え方を
肉声と映像で見せつけられた(?)ことだ。

「良い品をよりお求めやすい価格で」
「こんなクーラーが安くできたら、世の中の人は喜ぶやろな」
「故障のない理想のラジオを作りたい」
「素直な心と情熱で感動を与える」
「悩むのも仕事、運に順応する」
「60%の可能性があれば」
「人間の本質はダイヤモンド」

何の変哲もない言葉だが、一言一句に感動を覚えた。
そして「あなたも仲間ですよ」と私に同じ目線で
直接話しかけてこられた錯覚に陥った。
時代は変わり、今は「世界のパナソニック」。
また新しいご縁をいただいた。
しっかり学ばせていただきたい。

自分には
自分に与えられた道がある
広い時もある
せまい時もある
のぼりもあれば くだりもある
思案にあまる時もあるだろう
しかし 心を定め
希望をもって歩むならば
必ず道はひらけてくる
深い喜びもそこから生まれてくる

この幸之助翁の名言「道」は
一番勇気を与えてくれる。
肝に銘じておきたい。

matsushita1sep2017.jpg

matsushita2sep2017.jpg



Posted in 丸山景右 |

『強いカープ、期待のカープ』

2017 09,19

少々リードされても選手は諦めない。
ファンは席を立たない。圧倒的な
逆転劇がそれらを物語っている。
カープがセ・リーグを連覇した。
今年は主力がリタイアしても控えが
活躍。選手層の厚さが際立った。

首脳陣と選手とファンが支え合う市民球団、カープ。
そんな中でも外様の石井琢朗打撃コーチの力は
見逃せない。就任2年目でチーム打率274はダントツ。
自身の野球観「球に食らいつくスイング」を選手に
注ぎ込み屈指の打撃陣を作り上げた。キャンプでは
打撃の基本を重視。1日1000スイングを課した。
「夢の中での素振りもカウントしていい」という指示は
「寝ていても打撃のことを考えてほしい」との思いがあったという。
何事もプロは徹底することを忘れてはならない。
若手が鍛えられチームが活性化する。
ファンにも期待されるチームであってほしい。

 carp1sep2017.jpg
中国新聞 2017・9・19 朝刊 より

 carp2sep2017.jpg



Posted in 丸山景右 |

『木育おもちゃフェスタ』

2017 09,07

子どもたちや子育て中の方との
出会いの交流の場を展開する
「子育て支援ステーション・ニッセ」。
子どもたちの健やかな成長を願い
2015年3月に設立された。
千葉市の京成電鉄・千葉寺駅前に位置し
その建物は桧の柱と床、杉の梁、漆喰の壁で造作された
弊社が設計した「雨楽な家」である。

この建物とニッセの活動は
2015年に「ウッドデザイン賞」を受賞している。
ウッドデザイン賞とは「木」に関するあらゆる
モノ、コトを対象に暮らしを豊かにする
人を健やかにする、社会を豊かにするという
3つの視点からデザイン性が優れた
製品、取り組み等に対して贈られる賞。

このたびニッセの中村代表より
「木育おもちゃフェスタ」を開催した旨の
活動報告の手紙をいただいた。
世界各地から質の高い木のおもちゃを
たくさん取り寄せ盛況だったとのこと。
これからも「子どもと木」をテーマに
活躍されることを祈りたい。

mg_5756sep2017.jpg

_mg_5667sep2017.jpg

mokuiku3sep2017.jpg

mokuiku4sep2017.jpg



Posted in 丸山景右 |

『ハライゾン』

2017 08,30

最近「働き方改革」の美辞麗句が飛び交っている。
しかし、一方でうがった見方をすれば
年齢に関わりなく働き続ける、エイジレス社会の到来だ。
年金の受給開始年齢の「75歳選択制」が
年内にも閣議決定される?らしい。

75歳はまだまだ現役でガンバレということか?
2004年小泉政権時代の年金改革では
「100年安心」を謳った。しかし現状では
働く高齢者や女性の割合が増えなければ
今の若者が受け取る40年後の年金給付の水準は
今より30~40%目減りするという。
保険料は値上げされ受給額は毎年カットされる。
「死ぬまで働け宣言」は社会問題化するのは確実。

先日のNHKの番組「Life!人生に捧げる~」で
皮肉ったネタの「未来戦士ハライゾン」は面白かった。
サラリーマンを助けるためにやってきたハライゾンが
「払い損」を宣言するオチまでついていた。
「年金は払い損」
「結婚のご祝儀も出産祝いも出すばかりで未回収で払い損」
「税金も払うばかりで払い損」
これでは若者が働く意欲が減退するのでは?

haraizonaug2017.jpg



Posted in 丸山景右 |